テキサスホールデムポーカーにおけるディーラーの役割とは?

テキサスホールデムポーカーは、おそらく世界で最も人気のあるカードゲームです。というか、このゲームのルールを知らない人をご存じですか?そんな人はいないと言っても過言ではありません。この系統のポーカーは、他のあらゆるタイプのポーカーを駆逐しました。5枚のカードを使ってポーカーをするシーンを洋画で見たことがあると思いますが、今では誰もそんなポーカーはしていません。

テキサスホールデムがこれほどにも大流行するようになった主な理由の一つは、インターネット、というかSNSです。ジンガポーカーがFacebookでテキサスホールデムのゲームを作ったのはご存じでしょうか?当時Facebookは、世界最大かつ最も人気のあるSNSネットワークで、誰もが Facebook のアカウントを持っていて、誰もがジンガをプレイしていました。この人気がカジノに伝わることで、今ではどのカジノにもテキサスホールデムのテーブルがあります。ただし、テーブル毎に掛ける金額が違いますので、自分に合ったテーブルを選んでゲームをプレイしましょう。

ポーカーでは、生身の人間と対戦します。これが面白さの所以です。しかし忘れてしまいがちなのが「ディーラー」です。ポーカーにおけるディーラーは、幽霊のような存在で、誰からも注目されることはありませんが、実はゲームで最も重要な役目を担っているのです。

 

テキサスホールデムでのディーラー役を務めるには、まずはゲームのルールを理解しましょう。ロイヤルフラッシュからハイカードまで、役の強さの順番が最も重要です。その上で、どのようにカードを配るのか、どっち側から配るのか、ラウンドごとにどのようにベットが変わるのかを学びましょう。

最初に各プレイヤーは、2枚のカードを手にします。これはポケットカードと呼ばれます。そして最初のベッティングラウンドとなります。ビッグブラインドの左隣のプレイヤーからスタートします。プレイヤーはそれぞれビッグブラインドをコールするか、レイズするか、フォールドするかの選択肢があり、ビッグブラインドのプレイヤーはレイズかチェックができます。

次に、ディーラーが3枚のカードを表向きにして山札に置きます。この段階のことをフロップと呼びます。ここで2回目のベッティングとなります。今度も左側のプレイヤーからスタートし、プレイヤーはチェックかベットできます。ベットされたら、他のプレイヤーは全員そのベットに対してフォールド、コール、またはレイズできます。

そして、ターンと呼ばれる段階へと進んでいきます。ディーラーはもう1枚カードをテーブルに置きます。これは4枚目のカードで、ターンと呼ばれています。この後3回目のベッティングとなりますが、ルールは2回目と同じです。各プレイヤーは全員、時計回りの順番でチェックかベットができます。ベットされると、残りのプレイヤーは手持ちのカードに応じてコール、レイズ、フォールドができます。

 

ゲームの最終段階は、リバーと呼ばれています。ディーラーはカードをもう1枚テーブルに置きますが、それが最後のカードとなります。テーブル上の賭け金は通常、最初に比べて少なくとも2倍にはなっています。最後のカードがテーブルに置かれると、ゲームもいよいよ最終局面です。ここでこそプレーヤーはすべての選択肢と戦術に考えを巡らせなければいけません。

ゲームの最終段階が過ぎると、ショーダウンとなります。プレイヤーは全員、自分の持っているカードを見せ、ディーラーが勝者を宣言します。勝者はテーブル上の掛け金を総取りします。以上がテキサスホールデムの大まかな流れになります。

テキサスホールデムにおいてディーラーを務める際、ひとつ”コツ”があるとすれば、それは「自分のスキルを磨くこと」です。一般的に、カードをきれいにシャッフルできるディーラーが好まれ、そういうビデオはインターネット上に何百万本もアップされています。カードの扱いには数えきれないほどの技があるのです。そういう技を身に着ければディーラーとしても役に立ちますし、人前に出ても自信が持てるようになるでしょう。